Warning: Missing argument 2 for is_object_in_term(), called in /usr/home/mw2paqgziz/www/htdocs/cms/wp-content/themes/nishiura/header.php on line 49 and defined in /usr/home/mw2paqgziz/www/htdocs/cms/wp-includes/taxonomy.php on line 4070
id="reform" class="blog-template-default single single-blog postid-484 single-author no-avatars">

アテント紙おむつなどの介護用品販売レンタル、介護リフォーム、車いす(車椅子)テーブルなどの福祉用具の開発 ヨッコイショテーブルメーカー株式会社ニシウラ

介護リフォーム・バリアフリースタッフが実際の現場をご紹介するリフォームの現場ブログ

「ニシウラ」の得意とする【介護リフォーム】の現場をご紹介します。

アプローチ階段手摺

2016年03月21日

前回公開してからだいぶ時間がたってしまいました。申し訳ありません。あれから数々の住宅改修を行ってきました。今回は玄関までのアプローチ階段手摺を公開します。

階段手摺を設置する上での一般的な注意点。

1、支柱をアンカー止めにするのか、埋め込み式にするのか。

(アンカー止めの場合コンクリートの厚さ強度を確認すること。また床仕上げの確認)

(埋め込みにする場合支柱設置部に埋設物がないか確認すること)

2、階段の踏面、蹴上は同じか。

(手摺の角度に影響、支柱頭部の角度は約45°まで)

3、支柱はなるべく高さ調節できるものを使用する。

(使用する方により手摺の高さは異なる。また、階段は上る時は良くても降りる時低い場合がある。)

4、隣地、道路境界は必ず確認すること。

5、設置する側にブロック塀等がある場合手摺は70mm以上離れているか。

まだありますが、私が手摺を設置する上で注意している点です。

 

次回はいす式階段昇降機です。

1

2

4

1

これから行う階段手摺完成前

111改修後平面図 A3 30

1

≪ ニシウラリフォームブログ 一覧はこちら